信用情報に事故情報があると、まず審査に通ることはできません

MENU

事故情報があると審査に通らない!?

キャッシングやカードローンを申し込むと、融資可能かどうかの審査がおこなわれます。審査では、申し込み時に提出してもらった書類はもちろん、信用情報機関に申込者のこれまでの信用情報データをチェックします。信用情報機関には、これまでのお金の貸し借りに関するデータが細かく記されており、それをみることで申込者にお金を貸して返済してもらえるかどうかを計ることができるのです。

 

この信用情報は、銀行以外の貸金業法の規制対象となっている貸金業者…つまりは消費者金融会社や信販会社、クレジットカード会社などが、数少ない信用情報機関のどれかに加入し、そこに顧客の利用情報を登録することで詳細な信用情報が作られています。もちろん、事故情報といったものももれなく記載されます。

 

事故情報というのは、金融事故の事。金融事故というのは、支払いの延滞が3カ月以上あった場合や、法的な債務整理をおこなった…などの情報で、金融機関においては事故とも呼べるもの。たとえ延滞金を支払い終わったとしても、そうした情報は5年間といった長い期間において残るものとなるのです。

 

ちなみに、法的な債務整理というのは、自己破産・民事再生・特定調停のこと。裁判所への申し立てをしておこなう法律的な手続きです。司法書士や弁護士によって任意におこなわれる債務の縮小行為も含まれます。債務整理については滞納よりも長く残ることになり、その期間は7年間ともいわれています。債務整理の記録があると、まず借り入れをすることは無理なのです。


ブラックリストとは?

キャッシングやカードローンなどの申し込みをしても、審査がなかなか通らない…なんて場合、よく「ブラックリストに入っているのでは?」なんて言葉が頭をよぎります。ブラックリストというのはよく耳にするものですが、実際に存在しているのかというと、答えは「NO」です。

 

では、金融情報においてのブラックリストとは、一体なんのことを言っているのでしょうか?それは、個人情報機関の個人情報に記載されている事故情報の事。事故情報があると、ブラックリストといっているのです。もちろん、過去に金融事故を起こしており、これからの起こすかもしれない…と考えられている要注意人物をリスト化したものは存在しません。あくまでも俗称であり、個人情報の事故情報欄が埋まることで「黒くなる=ブラック」といった諸説から、こう呼ばれるようになったのです。

 

ちなみに、信用情報にはどんな項目が記録されているのかというと、大きく分けて個人情報と支払い情報となります。個人情報としては氏名や生年月日、性別、住所、勤務先名及び電話番号、公的資料(運転免許証等の番号)、配偶者名など。支払い情報などは、現在の契約の種類や内容・契約年月日、契約額や限度額とキャッシング枠、支払い回数、入金状況、支払い状況の報告日、請求額、残債額、返済状況、割賦販売の登録内容、貸金業法の登録内容などです。これらの情報は、キャッシングやカードローンを申し込む際に、登録への同意を求められます。割賦販売法や貸金業法などによって決まっているので、同意しないと融資を受けることはできません。


関連ページ

遅延損害金とは?
キャッシングでお金を借りたら、決まった返済日までに返すようにします。 でないと、遅延損害金が発生してしまいます。
キャッシングの審査
キャッシングの審査では、どのようなところを見て判断するのでしょうか?
過払い金請求とは
一時期、テレビコマーシャルなどでも騒がれた過払い金請求。 これは一体、どんなことなのでしょうか?