一時期、よく耳にした過払い請求とはどんな事なのでしょうか?

MENU

一時期賑わった過払い請求とは?

過払い金請求という言葉が、一時期ブームのように広がっていきました。テレビコマーシャルでも耳にすることが多く、多くの人が過払い金という言葉を知る事になりました。過払い金請求とはなんなのかというと、払い過ぎた利息の返還要求の事。グレーゾーンと呼ばれる金利がまだあった時代に、高額の利息を支払わなければいけなかった人を対象としています。今では法定利息がきっちりと決められてグレーゾーンがなくなり、過払い金が発生することがなくなってきていますが、数年前までは多くの人が悩まされていたのです。

 

2006年より前までの消費者金融では、出資法という法律に基づいてグレーゾーン金利が請求されていました。利息制限法による制限額に対して罰則的なことが決められていなかったので、より高額での利息が請求できる出資法で定められた上限金利29.2%に近い金利での請求が、あたりまえのようにおこなわれていたのです。それが、グレーゾーン金利が違法であるといった裁判所の判例が出て、過去においてグレーゾーン金利を払った人は過払い金請求を求める事が認められたのです。

 

今は、法律が改正されたことからも過払い金が発生するようなキャッシングはおこなわれていません。2006年に貸金業法が改正され、それまであやふやだった法定金利がびしっと明確になりました。借入額が10万円未満では最大20%まで、10万円以上100万円未満では最大18%まで、100万円以上では最大15%までとなったのです。これ以上の利息をとっているようであれば、過払い金として請求することができますが、正規の消費者金融であれば法律を順守した営業をおこなっていますので、過払い金が発生することはありません。あるとしたら闇金業者ぐらいです。

 

闇金融業者は、法律を守らず高額な利息を請求してきます。もともと法律を無視した営業をおこなっているのですから、過払い金の請求をおこなっても取り戻すことは難しくなっています。あの手この手で暴力的な行動をとることもあり、最終的には返済不能の状態に持っていきます。常識が通用しないですから、くれぐれも甘い言葉に流されず、利用しないように心がけなければいけません。


2016年が過払い請求の最後のチャンス!?

2006年よりも前にキャッシングを利用していた人は、グレーゾーン金利で支払っている可能性が大。過払い金請求で払い過ぎた分を取り戻せる可能性がありのですが、請求期限には時効があります。事項が成立すると、過払い金を請求できる権利は消滅するので注意が必要です。

 

過払い金の請求ができるのは、最後の取引から10年です。10年経つと時効が成立し過払い金の請求権が消滅してしまいますが、再度借り入れを利用している場合では、10年が経過しても過払い請求ができる場合もあるのです。

 

また、グレーゾーン金利の請求がおこなわれていたのは2006年までです。ですから、その後10年が経過して時効が成立するのは2016年。2016年は最後の過払い請求ができる年とも言われています。過払い請求についての計算は複雑で、なかなか確認することが難しいものとなっています。過払い請求に強い弁護士や司法書士の方に相談してみるのがいいでしょう。


関連ページ

遅延損害金とは?
キャッシングでお金を借りたら、決まった返済日までに返すようにします。 でないと、遅延損害金が発生してしまいます。
キャッシングの審査
キャッシングの審査では、どのようなところを見て判断するのでしょうか?
事故情報とは?
信用情報には、これまでのお金の貸し借りついての詳細なデータが記録されています。 事故情報があると、審査には通りにくくなります。