キャッシングはさまざまな金融会社で取り扱われています

MENU

銀行と消費者金融の違い

銀行と消費者金融が取り扱っているカードローンは、どちらも似たような内容・形態で、その違いがわかりにくくなってきています。どちらも上限以内であれば借り入れも返済も自由におこなうことができます。

 

ただ、適用される法律が異なります。銀行は銀行法で、消費者金融では貸金業法であり、細かいところがちょっと違うのです。法律の面でいえば、貸金業法にある総量規制が大きな差となっています。銀行のカードローンでは、総量規制が適用されないのです。

 

そのため、専業主婦やパート、アルバイトの人でも融資を受けやすいものとなっています。が、審査は厳しく、保証会社の保証を受けなければいけない事も多く、申込は可能でも審査に通らず断られることも少なくないのです。しかも、返済が少しでも遅れると厳しい対応をしてきます。

 

これに対して消費者金融は、総量規制が適用されるので年収の3分の1以上は借りられませんが、銀行よりは審査が柔軟で融通がきくものとなっています。ただ、それでも専業主婦やパート、アルバイトといった収入がない、もしくは定期的な収入が少ない場合は融資を断られることも少なくありません。

 

そして、銀行と消費者金融では、その金利に大きな差があります。消費者金融の方が金利は高くなっていますが、最近では銀行に近づけた金利を提示するところが増えてきています。ですから、まずは調べて比べてみるのが一番。いろいろと変わってきているだけあって、昔とは比べ物にならないほど待遇が良くなっているのもあるのです。


増額するには?

カードローンやキャッシングを申し込んだ際に設定される限度額は、そんなに高いものではありません。最大融資が500万とか800万円と紹介されていたとしても、最初は50万ほどといった少額での設定がほとんど。ただ、定期的に使い返済も遅れないでいると、枠の増額の話をされることもあります。

 

カードローンやキャッシングでは、担保や保証人がない代わりに申込者の信用が第一となります。借りたお金をしっかりと返済することは個人信用を高めることになり、融資額の増額といった結果になるのです。銀行や消費者金融としても、できるだけ多くのお金を借りてほしいので、信用できる人にはどんどん枠を高くしてくれるのです。

 

ちなみに、増額の際にも審査はおこなわれます。ただ、こうした増額の話が出てくる時には、すでにある程度の予備審査はおこなわれていることがほとんど。ですから、ほぼ通る前提での審査となります。

 

枠が増えると、多くのお金が借りられるようになるだけでなく、金利面でも良い変化がみられます。実質年率が下がるのです。実質年率は契約限度額によって異なり、借入上限金額が高いほど金利は低くなります。例えば、上限金額が100万円以下では年率12.0%〜14.5%だったのが、100万円を超えただけで年率10.0%〜12.0%と大きく変わることもあるのです。実際には、50万の限度額が100万に一気に上がることはありませんが、少しずつ上がることで金利が下がるのはよくあることなのです。


キャッシングを扱う金融会社記事一覧

 

お金の融資には、大きく分けて2つの種類があります。一つは目的を持ったローンで、住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどのお金を使う目的が決まっているローン。そしてもう一つは、お金の使い道が決まっていない自由なフリーローンです。目的ローンとフリーローンでは、後者の方が金利は高めとなっています。この目的ローンの一つに、医療ローンというのがあります。その名前の通り、医療費に使う事を目的としたローンで、借...

 
 

キャッシングやカードローンは常に進化しています。数年前と比べての、その融資内容はもちろん仕組みまで大きく変わってきているのです。スマートフォンの普及により、専用のアプリケーションまで開発されるほど。無利息キャッシングなど、さまざまなサービスも広がっています。最近、新しいカードローンとして注目されているのがIT系のカードローンです。その名のとおり、IT関連の企業が取り扱っているカードローンのこと。代...

 
 

急にお金が必要になった!…なんてときに便利なキャッシング。急いでいる時ほど選択肢が狭まり、利息の高いところを選ばざるをえないこともあります。それだったら、前もって準備しおく方が得策。時間に余裕のある時に申込先を選ぶと、自分にピッタリのキャッシング先がみつかります。いつ、どんな時にお金が必要になるかわかりませんから、「そんなの必要ないよ」と言わずに持っておいた方がいいでしょう。金融会社としては、収益...